本文へスキップ

自動車用・バイク用シートヒーター専門店

車種別適合表 シート内取付編 シートカバー下取付編 バイク用シートヒーター取付編
埋め込みスイッチ取付編 パーフェクトシートシステム取付編 シート確認動画 Cリングのコツ
パーフェクトシートクーラー取付編      

取り付け記(パーフェクトシートクーラー取付編)

取り付け1

車両からシートを降ろし、分解の手順を記憶・理解しながら慎重にシート生地を脱着してください。
※分解方法は車種ごとに異なります。弊社の参考例はこちらをご参照してください。


取り付け2

送風用のファンを仮置きして穴を開ける位置にマジック等で印を付けます。

送風ファンの配線の長さを確認しながら座面と背もたれの湾曲に考慮して穴を開ける位置を決めてください。また、座面にファン2個、背面は2個を取り付ける事が基本ですが、シートの形状や大きさに合わせて、お好みの位置にお取り付けください。

下記の画像の様に座面にファン4個、全てを取り付けても問題はありません。

※追加オプションにて送風ファンを4個(合計8個)までお取り付け可能です。(別売り)


取り付け3

ファンを取り付ける位置を決めたら、シートに約6.35cmの穴を開けて貫通させます。
穴を開ける際はウレタンの裏面に干渉するものが無いかご注意ください。

カッターナイフなどで切り込みを入れてウレタンを切り取ります。

ウレタン裏面まで貫通させてください。


取り付け4

ウレタンに穴を開けたら送風ファンを取り付けます。ファン本体部のツメをウレタンに食い込むようにしっかりと取り付けてください。


取り付け5

座面と同様に注意しながら背もたれ部分にもファンを取り付けます。

座面及び背面にあるファンの配線は、カッターナイフなどでウレタンへ切り込みを入れて裏側へ配線を通してください。

切り込みを入れた隙間に配線を入れます。切り込み部分に市販のウレタン用スプレーのりを使用して接着するとより美しく仕上げる事が出来ます。

また、配線を通す際には裏側を良く確認し組み戻す際にシートの他の部品に干渉しない場所に配線を通してください。


取り付け6

【重要】クーラーパットの取り付け方法
クーラーパットのお取り付け方法は2パターンございます。下記のお取り付け方法※1、※2をご参照いただき車両のシート形状やお好みに合わせて最適なお取り付け方法をお選びください。

※1クーラーパットを全体に取り付ける場合
クーラーパットを仮置きします。シートサイドや上部のCリングを取り付ける溝に合わせて大きさを決めハサミなどでカットしてください。
※クーラーパットは金網状になっており座っても潰れにくい材質になっております。クーラーパットに空気を循環させることにより溜まった湿気や熱を放出します。

【注意】
シート生地を張り戻す際にウレタンの溝(Cリングを固定する箇所)がクーラーパットの厚みで高くなるため、Cリングが固定できない場合はクーラーパットの端を斜めにカットして溝との段差を低くしてお取り付けください。
また、切って余ったクーラーパットを使用してシート形状が崩れないようにお取り付けください。

下記の画像のように溝に合わせてカットしてください。

カットしたクーラーパットを固定します。直接ウレタンに縫い合わせるか、または市販のウレタン用スプレーのりで接着して固定してください。

※2 シート生地とウレタンの間に隙間が無くクーラーパットを入れる余裕がないシート(車種)の場合
シート生地とウレタンとの間に余裕がない車両やクーラーパットの座り心地が合わない場合はクーラーパッドをファン上部に埋め込んでお取り付け出来ます。お客様のお好みに合わせてお取り付けください。

取り付け3で開けた穴の上部を送風ファンの外寸に合わせて削り取ります。送風ファンの外寸は約7.5cmです。削り取る深さは(奥行き)約5mm程度にしてください。
削りすぎますと、ファン埋め込み部分が凹みシートフィッティングが悪くなりますのでご注意ください。

送風ファンを奥に入れ、クーラーパットを取り付けます。
※クーラーパットは送風ファンの外寸より少し大きめにカットしてください。

送風時にクーラーパットが外れてしまう場合はクーラーパットをウレタンへ直接縫いつけて固定するか、または市販のスプレーのりで接着してください。


取り付け7

シート生地を張り戻していきます。シートを分解した逆手順で組み立てていきます。
※クーラーパットがズレたりする場合は、縫いつけるか又は市販のウレタン用スプレーのりを使用して固定してください。

シート生地
クーラーパット
ファン
ウレタン

取り付け8

スイッチの取り付け方法
配線を仮置きしてスイッチを取り付けたい位置まで配線が届くか確認してください。
穴を開ける位置を決めたら穴を開けるパネルの裏側に干渉する物がないか確認してください。穴を開ける位置に印しを付け20mmのドリルで穴を開けます。

穴を開けたらスイッチをゆっくり差し込んでください。

スイッチのツメが掛かる所まで押し込んでください。
パネルの厚みによってガタつきが出る時は両面テープなどを貼り付けて固定してください。


取り付け9

連結カプラーのコネクターを根元までしっかり差して接続してください。また、シートを前後上下、背もたれを倒したり起こしたりして、配線コードが干渉したり引っ張られないようにお取り付けください。

ハーネス配線より出ているACC線(アクセサリー)とアース線(GND)を車両側へ接続してください。

※接続位置や接続方法は車種により異なります。サービスマニュアルまたは、カーディーラーなどでご確認してください。

注意 必ず検電テスターを使用し確実に接続してください。

ACC線
 ・IG-ONまたはACCへ接続してください。

GND線(アース)
 ・未塗装の金属部へ接続してください。


取り付け完了

車両へ配線を接続後、スイッチを入れ、パイロットランプが点灯しファンが回転するかを確認してください。
※スイッチ埋め込み方法はこちらでもご覧頂けます。


取り付け応用編

お好みに合わせて必要な部分に市販のスポンジなどを入れてシートフィッティングを調整してください。また、純正のシート生地を使用せず、パンチング加工された市販のシートカバーをご使用になるとシートカバーの穴から風が出て、より一層、空気を通すことが可能です。